むやみに対応してはいけないイタチ駆除

イタチ駆除は、確実性の高いものを慎重に行わなければなりません。

とても学習力が高く、捕まえるためにケージを設置しても失敗して捕獲できないと近づかなくなったり、別なところに巣をつくってしまいまた探し出さなければならなくなるなどして余計に手間がかかってしまいます。また勝手に捕獲することができず、許可を得て資格を有する人しか対応ができませんし、メスであったなら捕獲することも禁止されているため、追い払う対応をしなければなりません。



でも直接、近くで追い立てたりすると襲われる危険性があります。

特に子育て中であれば気性が荒くなっているので、噛みつかれたり引っかかれてしまう可能性がありますから、対応に慣れているイタチ駆除業者にお願いするのが一番です。

ガジェット通信の安心情報、今すぐ確認してみましょう。

忌避剤を利用して追い出す場合もやり方がって、棲みついている場所にすぐ忌避剤をまくと暴れて危険なことがあるため、普段よくとおっている場所など、遠くから忌避剤を利用して徐々に巣の近くによって行く方法をとることで、住みにくい場所になったと学習させることができます。
イタチが巣をつくった場所は、断熱材などをボロボロにされている可能性があるので、イタチ駆除を行った後は、フンの始末ボロボロにされた断熱材などの撤去に、消毒を済ませてから改めて断熱材を入れてもらうなどして、家の補修も済ませましょう。



侵入口になりそうなところは塞ぐことも忘れずに、業者に適切な塞ぎ方を聞いておくとよいです。